業績リスト

  • 升屋正人, Mathematical Morphologyを用いたタンパク質分子の形状解析とリガンド-レセプター結合に関する研究, 東京大学大学院農学生命科学研究科博士学位論文, pp. 1-65, 1996.
  1. Masato Masuya and Junta Doi, “Detection and geometric modelling of molecular surfaces and cavities using mathematical morphological operations,” Journal of Molecular Graphics, vol. 13, pp. 331-336, 1995. (PubMed)
  2. Masato Masuya and Junta Doi, “Extraction of Three-dimensional Multiple Skeletons and Digital Medial Skeleton,” IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E78-D, no.12, pp. 1567-1572, December 1995. (SUMMARY)
  3. Ulrich H. E. Hansmann, Masato Masuya and Yuko Okamoto, “Characteristic Temperatures of Folding of a Small Peptide,” Proceedings of the National Academy of Science of the United States of America, vol. 94, pp. 10652-10656, 1997. (PubMed)
  4. 升屋正人, 鍵山茂徳, “Web履修受付システムの開発, ” 学術情報処理研究, No.5, pp. 31-42, 2001. (PDF)
  5. Takashi Nakazawa, Sumiko Ban, Yuko Okada, Masato Masuya, Ayori Mitsutake, and Yuko Okamoto, “ A pH-dependent Variation in alpha-Helix Structure of the S-peptide of Ribonuclease A Studied by Monte Carlo Simulated Annealing,” Biopolymers, Vol. 63, pp. 273-279, 2002. (PubMed)
  6. 升屋正人, 久保田真一郎, 青木謙二, 下園幸一, “条件不利地域における情報通信技術の普及啓発と情報通信基盤の整備,” 学術情報処理研究, No. 9, pp. 63-74, 2005. (FlashPaper, PDF)
  7. 久保田真一郎, 松元将也, 升屋正人, “HDV規格ハイビジョン映像伝送システムの構築と検証,” 大学情報システム環境研究, Vol. 9, pp.28-37, 2006. (PDF)
  8. 久保田真一郎, 田實浩一, 升屋正人, “教育用端末を用いた並列計算環境の構築と検証,” 大学情報システム環境研究, Vol. 10, pp. 83-90, 2007.
  9. 久保田真一郎, 下園幸一, 宝崎洋一郎, 升屋正人, “WDSを用いた無線LAN通信におけるTCP帯域とネットワークトポロジの関係,” 学術情報処理研究, No. 11, pp. 74-84, 2008.(PDF)
  10. 升屋正人, 相羽俊生, 下園幸一, “トカラ皆既日食7島中継プロジェクト”, 大学情報システム環境研究, Vol. 13, 2010.(PDF)
  11. 下園幸一, 高橋至, 升屋正人, “仮想化技術を用いたホスティング・ハウジングサービスの集約”, 学術情報処理研究, No.14, pp.77-88, 2010.(PDF)
  12. 升屋正人, 青木謙二, 下園幸一, “国内最長の海上長距離無線LAN 通信システムにおける電波伝搬特性,” 大学情報システム環境研究, Vol. 15, pp. 62-71, 2012.(PDF)
  13. 和田智仁, 下園幸一, 升屋正人, “自転車競技のインターネットライブ中継,” 大学情報システム環境研究, Vol. 16, pp. 51-61, 2013.(PDF)
  14. 山之上卓, 古屋保, 下園幸一, 小田謙太郎, 升屋正人, 森邦彦, “情報倫理ビデオと情報セキュリティ監視サービスとISMSを組み合わせた大学の情報セキュリティ強化,” 学術情報処理研究, No. 17, pp. 99-105, 2013.(PDF)
  15. 升屋正人, 室屋孝英, 下園幸一, “コネクション分割によるTCPスループット向上システムの仮想化環境における評価,” 大学情報システム環境研究, Vol. 17, pp. 58-66, 2014.(PDF)
  16. 升屋正人, 下園幸一, “与論マラソンのインターネットライブ中継,” 学術情報処理研究, No.19, pp. 122-131, 2015.(PDF)
  17. 升屋正人, 下園幸一, 高橋至, 相羽俊生, 古屋保, 小田謙太郎, 森邦彦, “教育支援機能を強化したキャンパス情報ネットワークの構築,” 大学情報システム環境研究, Vol. 19, pp. 45-54, 2016.(PDF)
  18. 相羽俊生, 川原智徳, 高橋至, 小田謙太郎, 古屋保, 下園幸一, 佐藤豊彦, 升屋正人, 森邦彦, “学内サーバの脆弱性診断と診断結果の解析方法,” 学術情報処理研究, No.20, pp. 105-111, 2016.(PDF)
  19. 升屋正人, 下園幸一, 高橋至, 相羽俊生, 川原智徳, 古屋保, 小田謙太郎, 佐藤豊彦, 森邦彦, “キャリアWi-Fiを導入したキャンパス無線LANシステム,” 大学情報システム環境研究, Vol. 20, pp. 81-93, 2017.(PDF)
  1. Yuko Okamoto, Masato Masuya, Miho Nabeshima, and Takashi Nakazawa, “β-Sheet Formation in BPTI(16-36) by Monte Carlo Simulated Annealing,” Chemical Physics Letters, vol. 299, No. 1, pp. 17-24, 1999.
  2. Giovanni La Penna, Ayori Mitsutake, Masato Masuya and Yuko Okamoto, “Molecular dynamics of C-peptide of ribonuclease A studied by replica-exchange Monte Carlo method and diffusion theory,” Chemical Physics Letters, Vol. 380, pp. 609-619, 2003.
  3. 大山翔, 升屋正人, “外海離島における衛星インターネット回線品質の評価,” 情報科学技術レターズ(Information Technology Letters), Vol.5, pp. 341-342, 2006.
  1. Masato Masuya and Junta Doi, “Use of three-dimensional templates for multiple skeletons,” Proceedings of MVA'94 IAPR Workshop on Machine Vision Applications, pp. 293-296, 1994.
  2. M. Nishimura, S. Nakamura, N. Hayashi, M. Masuya, S. Asakawa, N. Shimizu, H. Kaku, A. Hasebe, and S. Kawasaki, “Analysis on Transposonable-Element Clustering Patterns in Magnaporthe Grisea Genome Using BAC Library,” in D. Tharreau, M.H. Lebrun, N.J. Talbot and J.L. Notteghem eds., Advances in Rice Blast Research, Kluwer academic publishers, Dordrecht, ISBN0-7923-6257-8, pp. 316-322, 2000.
  3. Naoyoshi Nameda, Masato Masuya, Yuji Shimizu, and Eiichi Hatae, “Easy Human Visual MTF Measurement” in C.Fotakis, T. Papazoglou and C. Kalpouzou eds., Optics and Lasers in Biomedicine and Culture, Springer Verlag, Berlin Heidelberg, ISBN3-540-66648-6, pp. 260-263, 2000.
  4. Masato Masuya, Takashi Yamanoue, Shinichiro Kubota, “An Experience of Monitoring University Network Security Using a Commercial Service and DIY Monitoring,” Association for Computing Machinery (ACM) Special Interest Group on University and College Computing Services (SIGUCCS) 2006 Fall Conference, Nov. 5-8, 2006.
  5. Junta Doi, Kentaro Shimizu, Masato Masuya and Wataru Sato, “High-Density Reconstruction and CAD Technologies for Heritage and Archeological Artifacts,” 2007 IEEE International Symposium on Industrial Electronics Proceedings, pp. 1921-1926, Vigo, Spain, ISBN1-4244-0755-9, June 4-7, 2007.
  1. Masato Masuya and Yuko Okamoto, “Alpha-helix Folding of Human Parathyroid Hormone Fragment (1-37),” The Third Johns Hopkins Protein Folding Meeting, CoolFront Conference Center, WV, USA, March 14-17, 1998. (PDF)
  1. 升屋正人, ABC Graphics Suiteガイド, ソフトバンク株式会社, ISBN4-7973-0201-1, 1997年2月.
  2. 升屋正人, Windows Drawオフィシャルガイド, 株式会社コンピュータ・エージ社, ISBN4-87566-160-6, 1997年3月
  3. 升屋正人, Windows Webサーバー構築ガイド, ソフトバンク株式会社, ISBN4-7973-0505-3, 1997年12月.
  4. 升屋正人, Active Server Pages構築術, ソフトバンク株式会社, ISBN4-7973-0654-8, 1998年8月.
  5. 升屋正人, はじめてのJavaScript, ソフトバンクパブリッシング株式会社, ISBN4-7973-1898-8, 2002年1月.
  6. 長島俊介, 福澄孝博, 木下紀正, 升屋正人, 日本一長い村 トカラ 〜輝ける海道の島々〜, 梓書院, 2009年7月.
  7. Masato Masuya, “Current Conditions and Future Deployment of Broadband Services on Kuchinoerabu-jima Island” in Kei Kawai, Ryuta Terada and Sueo Kuwahara eds., The Osumi Islands: Culture, Society, Industry and Nature, Hokuto Shobo Publishing, Tokyo, ISBN978-4-89290-041-9, pp. 11-20, March 2017.

  1. 升屋正人, 久保田真一郎, 青木謙二, 下園幸一, “離島ブロードバンド体験教室,” 情報処理学会研究報告, 2005-CE-78, pp. 65-72, 2005.
  2. 田實浩一, 久保田真一郎, 升屋正人, “教育用端末を用いた並列計算環境の構築,” 情報処理学会研究報告, 2005-CE-82, pp. 1-6, 2005.
  3. 久保田真一郎, 升屋正人, 青木謙二, 鍵山茂徳, “HDV規格ハイビジョン映像のオンライン蓄積システム,” 情報処理学会研究報告, 2005-CE-82, pp. 15-20, 2005.
  4. 佐藤貴彦, 久保田真一郎, 升屋正人, “教育用Windows端末の利用者認証システム,” 情報処理学会研究報告, 2006-DSM-41, pp. 91-96, 2006.
  5. 升屋正人, “条件不利地域におけるコミュニティ・ブロードバンドの整備,” 電子情報通信学会技術報告, vol. 107, no. 19, CQ2007-10, pp. 55-60, 2007.
  6. 久保田真一郎, 宝崎洋一郎, 升屋正人, “小規模離島における島内LAN構築とWDSトポロジカルモデルによる評価,” 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ 107(19), pp. 37-41, 2007-04-16
  7. 升屋正人, “離島におけるブロードバンドの整備,” 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 107(463), pp. 67-72, 2008-01-21
  8. 久保田真一郎, 下園幸一, 升屋正人, “薩摩硫黄島における無線ブロードバンド環境の整備とその通信安定度評価,” 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 107(463), pp. 61-65, 2008-01-21
  9. 升屋正人, 青木謙二, 久保田真一郎, “離島における地域無線ネットワークの構築,” 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT) 2008(37(2008-IOT-001)), pp.13-18, 2008-05-01
  10. 升屋正人, 青木謙二, 下園幸一, “海上長距離無線LAN通信システムの伝搬特性,” 電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 111(417), pp. 29-36, 2012-01-19
  11. 升屋正人, “小規模離島におけるブロードバンドの整備と利活用,” 電子情報通信学会技術報告. CS, 通信方式 113(114), pp. 69-74, 2013-06-27
  1. 升屋正人, “Winグラフィック工房”, MdN(エム・ディ・エヌ), Vol. 37(1997年5月号)からVol.42(1997年10月号)まで連載, 株式会社エムディエヌコーポレーション.
  2. 升屋正人, “Graphics Suite 2”, WinGraphic, Vol.1(1997年7月号), 株式会社エムディエヌコーポレーション.
  3. 升屋正人, “Simply 3D 2”, WinGraphic, Vol.2(1997年10月号), 株式会社エムディエヌコーポレーション.
  4. 升屋正人, “Graphics Suiteの鬼”, WinGraphic, Vol.4(1998年4-6月号), Vol.5(1998年7-8月号), Vol.7(1998年11-12月号), 株式会社エムディエヌコーポレーション.
  5. 升屋正人, “Picture Publisuer 8”, WinGraphic, Vol.6(1998年9-10月号), 株式会社エムディエヌコーポレーション.
  6. 升屋正人, “画像編集に関するボキャブラリー(1)”, DTP World, Vol.16(1998年9-10月号), 株式会社ワークスコーポレーション.
  7. 升屋正人, “Simply 3D 3評価記事”, WinGraphic, Vol.7(1998年11-12月号), 株式会社エムディエヌコーポレーション.
  8. 升屋正人, “Visual Basic.NET”, RBB TODAY, http://www.rbbtoday.com/peripheral/soft/20020301/, 2002年3月1日, 株式会社アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー.
  9. 升屋正人, “Visual C#.NET”, RBB TODAY, http://www.rbbtoday.com/peripheral/soft/20020329/, 2002年3月29日, 株式会社アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー.
  10. 升屋正人, “Visual C++.NET”, RBB TODAY, http://www.rbbtoday.com/peripheral/soft/20020510/, 2002年5月10日, 株式会社アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー.
  1. 升屋正人, 土井淳多, “Mathematical Morphologyを用いた3次元画像処理”, 情報処理学会第50回全国大会, 1995年3月, 東京.
  2. 升屋正人, 土井淳多, “Cuboctahedral座標系により連結のパラドックスを回避した細線化アルゴリズム”, 情報処理学会第52回全国大会, 1996年3月, 東京.
  3. 升屋正人, “Mathematical Morphologyを用いたタンパク質分子の溶媒接触表面とcavityの抽出”, 分子研研究会「ポリマー・生体系の分子科学」, 1996年5月, 岡崎. (PDF)
  4. 升屋正人, 光武亜代理, Ulrich H. E. Hansmann, 岡本祐幸, “水和エネルギーを考慮したタンパク質分子の立体構造予測”, 日本生物物理学会第34回年会, 1996年11月, つくば. (SUMMARY)
  5. 升屋正人, 岡本祐幸, “タンパク質分子の予測構造における水和エネルギーの計算”, 分子研研究会「生体分子の安定性に及ぼす水とイオンの役割」, 1996年11月, 岡崎.
  6. 升屋正人, 岡本祐幸, “タンパク質分子の予測構造における水和エネルギー”, 第3回タンパク質立体構造の構築原理ワークショップ, 1996年12月, 京都. (PDF)
  7. Masato Masuya and Yuko Okamoto, “Effective solvation energy of peptide and protein tertiary structures,” IMS International Confrence on “Electronic Structure and Reaction Dunamics”, March 17-20, 1997, Okazaki. (PDF)
  8. 升屋正人, Ulrich H. E. Hansmann, 岡本祐幸, “溶媒接触表面積を用いた水和エネルギーの高速計算法とタンパク質の立体構造予測シミュレーションへの応用”, 1997計算科学・理論化学討論会, 1997年6月, 東京. (PDF)
  9. 升屋正人, 岡本祐幸, “生体高分子表面積の高速計算アルゴリズム”, 情報処理学会第55回全国大会, 1997年9月, 福岡. (PDF)
  10. 升屋正人, Ulrich H. E. Hansmann, 岡本祐幸, “水和自由エネルギーを考慮した第一原理からのタンパク質分子の立体構造予測”, 第48回タンパク質構造討論会, 1997年9月, 金沢. (PDF)
  11. 升屋正人, Ulrich H. E. Hansmann, 岡本祐幸, “拡張アンサンブル法によるタンパク質分子の熱力学量の解析”, 日本生物物理学会第35回年会, 1997年10月, 京都. (SUMMARY)
  12. 升屋正人, Ulrich H. E. Hansmann, 岡本祐幸, “溶媒接触表面積を用いた近似による水和自由エネルギー計算とタンパク質の立体構造予測”, 第4回タンパク質立体構造の構築原理ワークショップ, 1997年12月, 三島.
  13. 升屋正人, “生体高分子表面積の高速計算アルゴリズム”, 第9回情報処理学会九州支部若手の会セミナー, 1998年7月, 霧島.
  14. 升屋正人, 岡本祐幸, “Monte Carlo Simulated Annealing with/without Solvent for Human Parathyroid Hormone Fragment (1-37),” 第9回理論化学シンポジウム, 1998年8月, 愛知県労働者研修センター, 瀬戸市.
  15. 升屋正人, 奈良迫祐介, 行田尚義, “高齢者の空間 周波数特性の簡易測定法の研究”, 電気関係学会九州支部第51回連合大会, 1998年10月2日~3日, 大分市. (SLIDE)
  16. Masato Masuya, “Fast Calculation of Molecular Surface Area,” IMS International Workshop on Protein Stability and Folding, Jan 13-15, 1999, Okasaki, Japan.
  17. 升屋正人, 岡本祐幸, “高速表面積計算により水和エネルギーを導入した立体構造予測シミュレーション”, 「蛋白質の折り畳み問題における実験と理論」研究会(日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業), 2000年1月10日~12日, 岡崎市.
  18. 升屋正人, 奈良迫裕介, 行田尚義, “Morphological Skeletonizationを用いた多階調画像圧縮”, 情報処理学会第60回 全国大会, 2000年3月, 八王子市.

  1. 升屋正人, “数値的解法を用いた表面積・体積・溶媒和自由エネル ギーの高速計算,” 生物物理学会第42回年会, 2004年12月13-15日, 京都市.
  2. 升屋正人, 白尾紘祥, “溶媒接触表面積を用いた溶媒和自由エネル ギーの高速計算,” NAREGIナノサイエンス実証研究第3回公開シン ポジウム, 2005年2月14-15日, 岡崎市.
  3. 升屋正人, 久保田真一郎, 青木謙二, 下園幸一, “離島ブロードバンド体験教室,” 情報処理学会「コンピュータと教育」研究会, 2005年2月18日, 東京都, 情報処理学会研究報告, 2005-CE-78, pp. 65-72.
  4. 升屋正人, “生体高分子の表面積・体積・溶媒和自由エネルギーの高速計算アルゴリズム,” 情報処理学会第67回全国大会, 2005年3月4日, 調布市.
  5. 升屋正人, “条件不利地域におけるコミュニティ・ブロードバンドの整備,” 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会, 2007年4月23日, 鹿児島市, 電子情報通信学会技術報告, vol. 107, no. 19, CQ2007-10, pp.55-60.
  6. 升屋正人, “トカラ列島及び周辺部の情報通信基盤の現状とコミュニティ・ブロードバンドの整備,” 第15回天網の会ワークショップ, 2007年7月3日, 東京大学.
  7. Masato Masuya, “Invite Speech: Internet Streaming of Total Solar Eclipse in 2009 at Tokara Iskands,” The JSPS/NRF Core University Program Seminar on Next Generation Internet, the 16th Seminar, 2011年2月10日, 鹿児島市
  1. Masato Masuya and Junta Doi,“Visualization of the Electrostatic Energy of Protein Binding Site,” Annual Review, Institute for Molecular Science, p. 25, 1996.
  2. 鹿児島県の離島地域における情報化推進に関する調査検討委員会(座長: 升屋正人), “鹿児島県の離島地域における情報化推進に関する調 査報告書,” 九州総合通信局, 2003年7月.

  1. 十島村におけるブロードバンド化促進のための調査研究会(座長: 升屋正人), “十島村におけるブロードバンド化促進のための調査研究報告書,” 九州総合通信局, 2007年3月30日.