研究内容

“Biocomputing”と“Ubiquitous Networking”を研究テーマにしています.

研究室のホームページでも研究内容の発信を行っていますのでご参照ください.

重点テーマには独立したページを用意しています.それぞれのホームページを参照してください.

私は生物を対象とした計算科学をこう呼んでいます.具体的には,

  • 生体高分子の立体構造,特にモルフォロジーを用いたcavity構造の解析
  • 生体高分子表面積・体積の高速計算アルゴリズムの開発
  • 溶媒和自由エネルギー計算
  • Atomic solvation parameterの検討
  • バイオ計算用Webアプリケーションの開発
  • 分子グラフィックス
  • バイオインフォマティクス

などに取り組んでいます.

“Ubiquitous”は“どこにでも在る”という意味ですが,私は“身近なネットワーク利用”の意味で“Ubiquitous Networking”を使っています.応用面を重視したネットワーク関連の研究を行っています.具体的には,

  • 各種Webアプリケーションの開発
  • 条件不利地域における情報通信基盤の整備方策
  • 利用者から見た情報セキュリティ
  • 高画質映像伝送
  • インターネット望遠鏡

などに取り組んでいます.